株式会社 航空システム研究 / AeroSpace Systems Co.
代表 炭田 潤一郎 / President - Junichiro Sumita
所在地:名古屋市緑区池上台3-93-11 / 3-93-11 Ikegamidai Midori-ku Nagoya City Japan (458-0044)
Tel. & Fax.:052-891-5536
URL:http://kookuu-system.com
E-Mail:sumita@kookuu-system.com

会社概要  理念と活動指針  代表のプロフィール  重工での仕事の履歴  大学での研究履歴  やれる仕事の候補 

このページのTOPに戻る
本文へジャンプ
事業案内
設計コンサルティング 航空宇宙産業アドバイザ 人材教育 UAV事業 調査・研究
提案
 落ちない飛行機 高信頼性ハード・システム Flexible Actuation System
 自律制御/再構成制御  実用的小型無人機 大型無人機プロジェクト
 無人機適用航空法  航空行政への提言  お問い合わせ

  /現在、UAV事業については設計、または設計支援作業のみ実施可能/

 無人機サポイン事業の完了に伴い
  ・小型電動テールシッタの事業化を遂行している。 / H27.4.1
   [航空システム研究社/インダストリ・ネットワーク社]
  当面はマニュアル機によるミッション調査開発での請負を実施しながら運用幅を
 広げていき、できたらH28年度からの商品売り出しにつなげていく予定である。
  < メディア向け説明資料>


実用的小型無人機の展開
   ; 通常機体形態UAV、
   ; テール・シッター形態UAV

  - 災害監視システム・プラットフォームの形成
  - その他 (山林/森林、天候、送電線、等) のモニタ・システム形成も可能
 
    
 (定義: 離着陸のための特別な土地を必要とせず、素人でも運用できるシステム)
      (特徴: 自律制御、電動)

  注: テール・シッタ型は最終開発試験を必要とするが、通常方式ではその必要はない



成層圏人工衛星プロジェクト推進
  - 固定翼方式で実現可能性が高い。
  - エネルギーは太陽電池+燃料電池 (or リチウム・イオン電池)
   / プロジェクトの創生が必要
  
大型無人貨物機プロジェクト推進
  -大型民間機改造がコスト・パーフォーマンス高い。


現在の研究
 - 日本技術士会第36回技術士全国大会講演会に2小論文を提出 : H21.7.31
 1. 地震災害監視用実用的小型無人飛行機システムの提
  2.
省エネ電気飛行機の時代へ - 成層圏人工衛星の提案


これまでの活動
 
- 実用的小型無人機の提案、実験 / 成層圏人工衛星、大型無人貨物機提案
 - 各種論文の発表、各種研究会への出席 / cf.
大学での研究履歴


 
UAV事業 - Unmanned Air Vehicle/Unmanned Air System
株式会社 航空システム研究